FC2ブログ

「雪だるまの雪子ちゃん」

雪だるまの雪子ちゃん雪だるまの雪子ちゃん
(2009/09)
江國 香織山本 容子

商品詳細を見る

こんばんは、かっか館長です♪
最近、またちょこちょこ本を読んでいます。

最近読み終えた「雪だるまの雪子ちゃん」
野生の雪だるまの<雪子ちゃん>が、町(村?)のみんなと仲良くなっていくというストーリーです。
もう、雪子ちゃんという存在自体がとってもかわいくて、いとおしくて!!
どのエピソードも・・・かわいいですっ♪
大切に大切に読みました。

本の帯には、<著者(江国香織さん)が長年あたためてきた初めての長編童話・・・>とあります。
江国香織さん、初めて読みました。
柔らかい繊細な文体ですね。風景描写などが柔らかくて、ホント、大人のための童話という感じでした。

コレを読むきっかけは、挿絵をされている山本容子さん。山本容子さんの銅版画、大好きです。
地域の本屋さんで、山本容子さんの作品展があって、そのDMに、この「雪だるまの雪子ちゃん」の中の雪合戦の絵を使ってあったんですね。それがとってもキュートで!!
作品展に絵を見に行って、そのまま本とその絵の絵葉書を買ってきました♪
現物の絵のほうは、到底手が出ませんでした(汗)。
まずは絵に惹かれ、帯の紹介文に惹かれ、結果いい読書になりました。
今、いい本を嗅ぎ分ける感覚がいいかも☆


春が来てるというのに先日から毛糸の帽子に続いての冬ものですが(汗)、癒されたい方はぜひお読み下さい♪
目にも心にもやさしい1冊です☆


COMMENT

江國さんの小説は大好きで繰り返し読んでいます。
特に好きなのは『泳ぐのに安全でも適切でもありません』です。
『愛と情熱のあいだ』から長女の名前をとりました!
『雪だるまの雪子ちゃん』も楽しみです。親子で読めるのがいいですね。

(^^)

先日、図書館で娘に読んであげようと思って借りてきた20冊の絵本の中の一冊。

「まねっこでいいから」(内田麟太郎・文、味戸ケイコ・絵 瑞雲舎)

女の子がにっこりと微笑んでいる表紙で、裏表紙がママと手を繋いで歩いている絵だったので、どんな内容なのかなぁって思いながら、娘に読んであげていたのですが。。。

読んであげてる途中で、涙が溢れて声になりませんでした。

ママはいるのに抱っこを知らない、心の中にはいつも冷たい雨が降り続いている女の子が、大人になり女の子を出産して。。。抱っこを知らないまま大人になってしまったため、娘を抱っこできなくて。。。でも、娘の「ママ、まねっこでいいから抱っこして」の一言から始まり、最後にはママになった女の子の心にうれし涙が流れて、そして心の雨があがるというお話でした。

どんな内容なのかはインスピレーションで借りてくることも多いので、これは衝撃的でした。
かっかさんも機会があったら読んでみてくださいね。

あおいもえさんへ

江国さんファンはきっと多いだろうなぁと思ってました☆
あおいもえさんもファンでらっしゃるのね~♪
私はどれも読んだことがないんですけどね(汗)。
「泳ぐのに~」というのは気になるタイトルですね!
見つけて読んでみたいと思います!

Lunaさんへ

それは深いお話ですね・・・
絵本ってたまに深いものがありますよね。
「ぼくがラーメンたべているとき」とか、「ビロードのうさぎ」とか・・・

こういう本を読んでもらって、お子さんってどんな反応されますか?
妙に悩んで、気軽なものを読ませています。
っていっても、こどものほうはあまり心に響いた感じじゃないんですけどね(汗)。

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://9neruasobu.blog84.fc2.com/tb.php/244-c5ce9af4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かっか

Author:かっか
私、かっか。
主人・とっと
長女・チリ(2012.6)
次女・チリリ(2015.3)の4人家族。

にぎやかに暮らしています♪

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Tree-Arcive
FC2カウンター
かっか本棚