体育大会 2015

IMG_5771.jpg
先日、チリの体育祭がありました。
中学生になって初めての体育祭、しかと見学してきました。

こちらの学校は、小学校もでしたけど、リレーではなく徒競争。
しっかりと順位もでて、2位(笑)
日頃の練習の成果もあって、すごくフォームがキレイになっていて、びっくりしました☆
来年は1位!!頑張れ!!

中学生の体育祭、迫力があって見ごたえがありました☆
スピード感と大きさ(笑)
クラス別の縦割り競技(3-A、2-A、1-Aがひとチーム)もあって、チリも上級生にまみれていろいろがんばってました♪
こうやって学年を越えて団結していく感じが青春って感じで(笑)
最後の結果発表でも、各チームの団長が涙したりする様子をみて、なんか私まで若返った感じがしました☆
若いって、すばらしい!!
チリも、たっくさん心を燃やして、いい中学校生活を送ってほしいものです!

IMG_5762.jpg
今回のお弁当
もう、いつもの感じー。
中学生は各教室で食べたので、来年からはパン持参!!




体育大会の前に、チリリの小学校では参観日がありました。
参観の後に講演会があったのですが、ちょっと心に響いたので少しお話します。
「心を開く」ということのお話だったんですけど。
子供の話に寄り添い、共感してあげることが心を開く鍵だというお話。
まぁそれはわかるんですけど。
そこで悪い例として挙がった話・・・子供が話して来た時に<評価をする>。
あぁ、これですわ。
その時に話されてた例自体は忘れちゃったんですけど(-_-;)、お友達が失敗したおかげで優位に立てた的な話。
その時に、「1位になれてよかったね」もなしに、「お友達の不幸を喜ぶなんて!」と指導する。
・・・やってますね、私。間違いなく。

でも先生もおっしゃってましたが、親としては言うべきことではあり、それはきっと適切な指導。
でも、ここで<評価>するのではなく、一旦<共感>したうえで、「私だったらこうするな~」という<第三者的なものの見方>を示すと、まだ心が閉じないでよかったのでは・・・というお話でした。
なるほどね。
そうなんですよね。つい間違ってるってすぐ言っちゃいます。
くい気味で言っちゃいます。
子供からしたらただの報告のはずが、くどくどお説教になっちゃいます。
そりゃ、なにも話したくなくなりますよね・・・反省。
特にこれは小学校で話されたことですけど、思春期を迎えて言葉すくなになっていくこれからの我が家では、タイムリーな警鐘でした。
嬉しかったことはよかったね!と共感してほしいですものね。

「とりあえず共感!」

余裕のある母でありたいものです(笑)


COMMENT

共感!

かわいいお弁当だね〜🎶
部活での成果も見れて一石二鳥⁈

講演会でのお話。共感します!
こちらに余裕があるときは出来ても、なかなか毎度は難しい…^^;
うちも長男は、難しい年頃だから会話にも以前より気を使うよ〜^^;

☆えみちゃんへ☆

かわいくないよー(-_-;)
部活ではあんまり楽しく過ごせてないのよ、実は・・・
でも、文句言いながらでも、ほんの少しでも成果がでれば頑張れるかなと。
来年が楽しみだわ♡

講演会、いいお話だったよ☆
そうなんよね、理想と現実って時があるよね(笑)
でも、えみちゃんはしっかりと寄り添ってあげれてるとおもうよ!
お子さんたちをみたらわかる☆
そうよね、上はちょっと一線越した感じがするよね・・・
お互い心にゆとりを持ってがんばろー!!
NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://9neruasobu.blog84.fc2.com/tb.php/616-d8d6bf62

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かっか

Author:かっか
私、かっか。
主人・とっと
長女・チリ(2012.6)
次女・チリリ(2015.3)の4人家族。

にぎやかに暮らしています♪

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Tree-Arcive
FC2カウンター
かっか本棚